So-net無料ブログ作成
検索選択

アンティーク ウィンザーチェア 1800年代後期 [イス]

chair2.jpg
1800年代後期の物と思われる、ウィンザーチェアです。立体感のある挽き物が見事。

chair1.jpg
ボウバックと呼ばれる伝統的な作りで、クラシックな雰囲気。
曲げ木部分にはビーチ材、座面には無垢のエルム(楡)材が使用され、時を経てたいへん味わい深い質感になっています。

幅645、奥行き705、高さ1120、座面高さ460(売約済み どうもありがとうございました。)


chair11.jpg
背もたれは高めのデザインで、笠木が弓のように丸く作られている事から、“ボウバック”と呼ばれています。

chair7.jpg
アームの先端には丸みのある形になっており、優しい印象。

chair5.jpg
存在感のある挽き物のスポーク。

chair8.jpg
座面は厚い一枚板を削り出して作られており、不規則な曲線に削られています。椅子のゆがみに合わせて、また座っていた人の好みに合わせて削り直したりしたのでしょうか。

chair6.jpg
脚も綺麗な挽き物の作り。少し塗装の傷みが見られますが、これもこれでいいビンテージ感かと。

chair12.jpg
エルム材の木目が綺麗な座面も、とても味のある質感に。

chair4.jpg
透かし彫りの装飾で、後ろ姿も美しい。
背もたれはやや歪んでいますが、構造的な問題はありません。

chair9.jpg
笠木に、曲げ加工をした際に生じたと思われる表面の割れがあり、

chair15.jpg

chair14.jpg
座面に若干のクラックが見られますが、ご使用に支障は無い程度です。

chair13.jpg
アームの先端の塗装が落ちていますが、これも長年愛用された証でしょう。

chair3.jpg
腕のいい職人によって丁寧に作られた事が感じられます。どの角度も絵になる、すばらしい存在感のウィンザーチェアです。

まさに本物のアンティーク。


posted by staff at nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。