So-net無料ブログ作成

秋田木工“No.207”剣持勇 [イス]

akita02.jpg
秋田木工社製、剣持勇デザインのアームチェア“No.207”。1960年の発表で、1964年にはグッドデザイン賞を受賞しています。トーネットの椅子やウィンザーチェアなど、ヨーロッパの曲げ木の椅子とはまた違う印象のデザインは剣持勇ならではといえるでしょう。

akita04.jpg
明朝の椅子のリ・デザインともいえるフォルムで、アームと笠木が一体になった、高度な曲げ木の技術を持つ秋田木工だからこその仕上がりです。

幅 630、奥行き528、高さ 710、座面高さ380(売約済み どうもありがとうございました。)


続きを読む


イギリス“SUZY”折りたたみスツール 80年代 [イス]

_DSC0042.jpg
イギリス、Princes Design Worksの折りたたみスツール“SUZY”。

stool03.jpg
ポストモダン的な、80年代らしいデザインです。

幅340、奥行き250、高さ455
折り畳み時 幅340、高さ730、厚さ45(売約済み どうもありがとうございました。)


続きを読む


デンマーク製 チーク材ダイニングチェア [イス]

denmark02.jpg
デンマーク製の、アームレスとアーム付きのダイニングチェアをご紹介。
メーカーは不明ですが、チークの無垢材が使用され、しっかりとした作りです。

アームレス 幅480、奥行560、高さ945、座面高さ450(売約済み どうもありがとうございました。)
アーム付き 幅570、奥行560、高さ945、座面高さ450(売約済み どうもありがとうございました。)


続きを読む


4本脚のKEVIチェア イエロー [イス]

kevi2-6be7a.jpg
人気のKEVIチェアが久々に入荷しました。ビンテージの4本脚です。

kevi1-12d00.jpg
デンマークのJorgen Rasmussenによるデザインで、1958年に発表されて以来、マイナーチェンジを繰り返しながらロングセラーを続けています。現行品は5本脚ですが、4本の方がすっきりしていて洗練されているような気がします。

幅470、奥行530、高さ740〜870、座面高さ355〜550(売約済み どうもありがとうございました。)


続きを読む


北欧モダンなビンテージ・アームチェア [イス]

_DSC0006 2.jpg
北欧モダンなデザインの、ビンテージアームチェアをご紹介します。

_DSC0004 2.jpg
辻木工社の70年代頃の製品。アームの曲線が美しい、クオリティの高いデザインです。

幅520、奥行き555、高さ705、座面高さ420(売約済み どうもありがとうございました。)

続きを読む


J.L.Moller No.75 チーク材 ビンテージ [イス]

moller02-7d306.jpg
デンマーク、J.L.Moller社のダイニングチェアNo.75が入荷しました。

_DSC0001 2.jpg
創業者である、Niels O.Moller(ニールス・O・モラー) によるデザイン。
現行では製造されていない、チーク材が使用された60年代のビンテージ品です。

幅505、奥行490、高さ740、座面高さ440 ¥48,500(売約済み どうもありがとうございました。)




続きを読む


古いマル二木工の小椅子 ブナ材 [イス]

beach1.jpg
独特なフレームのデザインが特徴の、古いマルニ木工の小振りな椅子が入荷です。

beach2.jpg
この特徴的なデザインの椅子はたまに見かけます。ある程度の期間作られていた物なのでしょう。その中でもかなり初期に作られた物だと思います。

beach3.jpg
背を支持している部材を、斜めに伸びた後ろ脚で止めるというあまり見ない構造のデザイン。

幅325、奥行き410、高さ720、座面高さ430(売約済み どうもありがとうございました。)
 

続きを読む


青林製作所 チーク材アームチェア [イス]

teak1.jpg
青林製作所製、チーク材のアームチェアです。かつて文京区にあった青林製作所は、多くの腕利きの職人を抱えた、日本でもトップクラスの家具工房でした。

teak2.jpg
こちらの椅子をはじめとして、青林製作所のプロダクトは中古市場でも良く見かけますが、椅子、テーブル共にデザイン的な古さを感じさせず、また緩んだりグラついたりしている物もほとんど見かけません。非常に高いレベルの家具工房だったのですね。

幅575、奥行480、高さ660、座面高さ410(売約済み どうもありがとうございました。)


続きを読む


秋田木工 ビンテージ曲げ木アームチェア [イス]

_DSC0131.jpg
秋田木工のビンテージアームチェアが入荷しました。昭和30年代のデザインでしょう。フレームはブナの無垢材使用で、張り地は濃紺のファブリックに張り替え済みです。なかなかのグッドデザイン。

_DSC0007.jpg
秋田木工は、「日本唯一の曲木家具専門ブランド」として約100年にわたり、熟練した職人の手によって質の高い曲げ木の家具を作り続けています。

デザイナーは不明ですが、1950年代から60年代にかけての秋田木工は剣持勇などの日本人デザイナーよるモダンなデザインの椅子もいくつか発表していましたので、この椅子も当時活躍していたデザイナーの手による物かもしれません。

幅570、奥行440、高さ665、座面高さ430(売約済み どうもありがとうございました。)


続きを読む


古い日本の小振りなウィンザーチェア ナラ材 [イス]

oak01.jpg
ナラ材が使用された、古い日本製のイスをご紹介します。とてもいい風合いになっており、小振りで可愛らしい印象。

oak02.jpg
コムバック(Comb Back)と呼ばれる、真っすぐな笠木が特徴のウィンザーチェアのデザインがモチーフ。華奢ですがしっかりしており、とても良い作りの椅子だと思います。

幅350、奥行き440、高さ820、座面高さ445(売約済み どうもありがとうございました。)


続きを読む