So-net無料ブログ作成

帰路のお供 [音楽]

店番を終えた夜、帰宅中にiPodから流れてくるのは…

albumcoverLeeMorgan-TheCooker.jpg

Lee Morgan(リー・モーガン)さんの“The Cooker”が最近のお気に入り。特にこれと言った特徴のない多摩地区の暗い住宅街にも、毒を抜かれた猥雑さを感じる立川の賑わう夜の街にも、ビッタリはまるのです。

Lee Morganといえば、代表作は“The Sidewinder”という事になるのでしょうが、個人的には“The Cooker”の方が好き。とにかくLee Morganのまさに闇夜を切り裂く様なトランペットがたまりません。1957年のレコーディングで、この時まだ弱冠19歳というから驚き!10代とは!!ちなみにLee Morgan氏、34歳のとき、ステージ間の休憩中に愛人にピストルで撃ち抜かれてしまうのでした。

特にJAZZに詳しい訳ではありませんが、なぜかこの一枚が週末の夜の帰り道にはよく似合ってしまうのですよね。Lee Morganのトランペットの、立上がりの音の鋭さが心に刺さる!きっと皆さんの街の夜にも!?


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0