So-net無料ブログ作成

雪ジャケ好き [音楽]

久しぶりに音楽の事など。

冬生まれのせいか、どちらかというと、というかはっきりと、夏よりも冬が好きな性質なのです。というわけで、ぐっと来る雪ジャケ物を3つ程。ちなみにほとんど全てジャケ買い的な入手の仕方でした(笑)。

51hnQlDTxdL._SL500_AA300_.jpg
まずはこちら。雪景色にたたずむ一人の黒人男性。ジャズ・ピアニストDuke Jordanの“Flight To Denmark”。白人ミュージシャンをベースとドラムに迎えたトリオ構成の1枚。チャーリー・パーカーの元で活躍していたものの、その後タクシー運転手などで生計を立てるという不遇をかこった時期もあったという60年代を経て、復活を遂げた1973年発表のアルバムです。メロディアスで端正なピアノが楽しめる1枚。気軽に楽しめるジャズアルバムとしてお勧めですよ。

51yYp4D3nwL._SS500_.jpg
続いてロックを。1970発表のStephen Stills初のソロアルバム。アコースティックギターの響きにゴスペルっぽいコーラスやオルガンが絡む、アメリカ音楽の奥行きの深さを感じるアルバムです。ジミヘン、クラプトン、ブッカー・Tなどの豪華なゲストも参加で、彼のソロの最高傑作という評価が多いのも頷けます。赤いキリンもかわいい!

4127CA9W5KL._SL500_AA300_.jpg
つづいてはポスト・ロック的な1枚。個人的に大好きなアメリカのインディーレーベル、JAGJAGUWARから2000にリリースされた、Drunkというバンドの“Tableside Manners”。雪景色の平屋一軒家から漏れる温かな明かりの風景、なんというか、胸が締め付けられるような感覚を覚えるジャケットが最高です。音も、このジャケットのイメージに近い感じ。静寂の中の情熱、といった雰囲気の、淡々としていながらも秘めたエモーションを感じる演奏と歌声です。

他にもエコバニの“Porcupine”とか、Weezerの“Pinkerton”なんかの雪ジャケもグッときますね。皆さんのお勧め雪ジャケも教えて下さい。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0