So-net無料ブログ作成

木内克 “母子像” [その他]

kiuchi1.jpg
茨城県出身の彫刻家、木内克(きのうち よし 1892〜1977)作の金属製レリーフです。

kiuchi2.jpg

kiuchi5.jpg
昭和初期に渡仏し、20世紀の彫刻のパイオニア、アントワーヌ・ブールデルの指導を受け、藤田嗣治らとも交流のあった作家です。ギリシャのアルカイックの彫刻研究の成果としてのテラコッタ作品が、代表的な作風として知られています。

縦330、横130、厚さ35 (売約済み どうもありがとうございました。)


kiuchi3.jpg
柔らかな表情にも見えるその顔つきは、アルカイック彫刻の影響でしょうか。

kiuchi4.jpg


kiuchi6.jpg
程度良好。作風のひとつの特徴である、おおらかさが伝わって来る木内克作品です。


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0