So-net無料ブログ作成

Hans Olsen ウォールナット材チェア 60年代 [イス]

HansOlsen1.jpg
1960年代にデンマークFrem Røjle工房で制作された、Hans Olsen(ハンス・オルセン)のダイニングチェアです。フレームにはウォルナット材が使用されています。Hans Olsenといえばテーブルにチェアがすっぽり収まる3本脚の椅子のダイニングセットが有名ですが、こちらも同じく、テーブルにきちっと収まるようデザインされています。

HansOlsen2.jpg
コンパクトで実用性の高いデザインはこちらも同様で、随所に細やかなこだわりが感じられる椅子です。

幅490、奥行き430、高さ710、座面高さ420(売約済み どうもありがとうございました。)


  
HansOlsen3.jpg
背もたれは小さめですが、程よくフィットするデザインと高さで身体を支えてくれます。

HansOlsen9.jpg
笠木に傾斜が付いており、座り心地のポイントに。

HansOlsen4.jpg
座面にはブラックのビニールレザーが使用されています。テーブルへの収まりを考慮した、少し横長のフォルムが特徴的。

HansOlsen5.jpg
膝の裏があたる前の方はゆるやかな傾斜がついています。

HansOlsen6.jpg
横に渡された貫は細長い楕円形に削り出されており、強度を確保しつつ、スリムに見せるデザインになっています。

HansOlsen7.jpg
背もたれの裏に若干塗装の荒れが見られますが、大きく目立つものではないように思います。

HansOlsen8.jpg
大きな主張はありませんが、ディテールが光るデザインです。落ち着いた雰囲気のダイニングチェアをお探しの方におすすめ。


posted by staff at nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0