So-net無料ブログ作成

ナラ材の脚付き引出し [箱モノ]

_DSC0023.jpg
昭和20〜30年代の、ナラ材のチェストです。
脚が付いた、ちょっとモダンな雰囲気。

DSC_0029.jpg
やはり箱モノには脚が付くと一段と魅力的に見えますね。
少しコンパクトなサイズ感ですので、ちょっとしたスペースにも置けそうです。

幅760、奥行き400、高さ650(売約済み どうもありがとうございました。)

_DSC0041.jpg
重たくなりがちな箱モノも、脚のお陰で軽快さが感じられます。

DSC_0030.jpg
主要な部分には、無垢材が使用されています。

_DSC0037.jpg
全ての引出しに錠付きですが、鍵は付属しておりません。

_DSC0033.jpg
真鍮の取っ手がいい表情を作り出しています。

DSC_0031.jpg
中央の膨らみや、矢印のような付け根部分、さりげなくいいデザインなのです。

_DSC0039.jpg
角などに細かいダメージはみられますが、あまり気にならない程度に馴染んでいると思います。

DSC_0026.jpg
こういった雰囲気のチェストで脚が付いている物はなかなか無かったりします。
無垢材ならではの質感と、日本の古家具の雰囲気と、モダンデザイン。
絶妙な組み合わせです。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:インテリア・雑貨

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0